【今こそ、きのこが大活躍②】家ごもりによる肥満緊急事態にきのこを

【今こそ、きのこが大活躍②】家ごもりによる肥満緊急事態にきのこを

新型コロナウイルス拡大に伴う緊急事態宣言が出され、外出の自粛がますます重要視されています。慣れない在宅ワークに加えて、3食の用意など、生活スタイルの変化に何かとお悩みも増えますが、頑張ってのり切っていきたいですね。

そんな“家ごもり”が続く中、あらたなお悩みが発生しているようです。それは「太ってきたかも…」というもの。
その原因には「ずっと家にいて運動不足」「3食しっかり食べている」などがあげられます。特に食事では、「家族と一緒にしっかり摂るようになった」「家呑みするのにつまみを充実させている」などなど、運動不足の中、いつも以上の摂取カロリーになっている人が多いようです。
今回は、そんな「お腹ぽっちゃり緊急事態」に役立つ、きのこの「肥満予防効果」をご紹介します。

きのこが「肥満予防」にいい理由
・きのこは9割が水分の食品
・ほとんどのきのこは100gあたり約20kcalで低カロリー
・食物繊維がたっぷり
・「便をやわらかくする」「便のかさを増やして排出を促す」整腸作用あり
・「コレステロールを排出」する効果が期待できる
・「余分な脂肪の排出」「内臓脂肪分解」効果がある“キノコキトサン”が含まれている

「肥満予防」にオススメの食べ方
●かさ増し
料理をボリュームアップしたい時に、きのこをプラス。きのこでかさは増えますが、摂取エネルギー量はそんなに増えません。きのこのコリコリ食感で噛みごたえも出て満足度もアップします。
●きのこのおかずを先に食べる
ごはんや肉などを食べる前に、きのこのおかずから先に食べましょう。きのこの食物繊維が脂肪を包んで腸内まで運び、脂肪の吸収を抑えてくれます。また、血糖値の急激な上昇も抑えられます。
●うま味アップで減塩にも
きのこはうま味が豊富。数種類のきのこを使うと料理の味にコクがでて、少ない塩分でも深みのある味に仕上がります。

つまり、きのこを使うとカロリーを抑えながらボリュームやうま味をアップできるということです!さらに、きのこには「免疫力の働きを向上させる」ビタミンDも豊富に含まれています。外出自粛期間は、食事にきのこをたっぷり使って、健康維持&肥満予防をしていきましょう!

ダイエットに最適なきのこレシピが充実の「なかのきのこレシピ」サイト
https://kinoko-recipe.com/
【今こそ、きのこが大活躍】冷凍保存できて便利!免疫力アップも!
https://nakano-kinoko.com/series/column/915
休校・在宅ワーク中の昼食に「きのこ」がおすすめの理由はこちら
https://nakano-kinoko.com/series/column/870

 

 

投稿日:2020年4月10日