冬の不調予防に!きのこの「ビタミンD」で免疫力をアップ

冬の不調予防に!きのこの「ビタミンD」で免疫力をアップ

新型コロナウィルスをはじめインフルエンザに風邪など、さまざまな感染症が気になる冬は、体の免疫力を高めてウィルスや菌に負けない体にしておきたいですよね。
そこで今回は、きのこが持つ「免疫を高める働き」に注目します。

きのこには体の免疫力アップ成分が豊富!

きのこには、「ビタミンD」が豊富に含まれています。これまで、骨の形成に欠かせない成分として紹介されることが多かったビタミンDですが、近年の研究で「体の免疫力を向上させる働きがある」ことがわかり、感染症予防の観点からも注目を集めている成分となっているのです。
主に鮭や鯖などの青魚や卵黄、乳製品など動物性食品に多く含まれるビタミンDですが、野菜類にはほとんど含まれていません。気軽に使えるきのこを、食事にたくさん摂り入れて、ビタミンDを積極的に摂取していきましょう。

きのこのビタミンDを効率よく摂取しよう
●油を使った料理で吸収率アップ
ビタミンDは脂溶性のビタミンで油に溶ける性質があるので、きのこを炒め物や揚げ物などにするのがおすすめです。

●天日干しでビタミンD増加!
きのこを調理前に、天日干しして紫外線にあてることで、ビタミンDが増加します。さらにうま味もアップします。

●腸内環境を整えておこう!
きのこには整腸作用のある食物繊維が豊富に含まれています。便通が良くなり、腸内環境が整えば、体に有効なビタミンなどの栄養素も吸収されやすくなり、代謝も高まります。代謝が良くなり、体内の血流が改善すると体温も上がり、免疫力が向上します。

ビタミンDたっぷり「菌ツマ」レシピ
今回ご紹介するのは「鮭ときのこのレンジ酒蒸し」。
https://nakano-kinoko.com/recipe/244
ビタミンDを豊富に含む鮭ときのこを使った免疫力アップレシピです。鮭のたんぱく質は消化吸収がよく、抗酸化作用のあるアスタキサンチンもたっぷり。ぜひ、家族の健康づくりにお試しくださいね!

いかがでしたか。きのこには、冬を過ごす私たちの体にうれしい成分がたっぷり含まれていることがわかったと思います。
これからは、「手洗い・うがい」そして「きのこ」を習慣にしていきましょう!

投稿日:2020年2月12日