「冷やして食べる!豚ときのこのみぞれ煮」

「冷やして食べる!豚ときのこのみぞれ煮」

菌(金)曜日は菌ツマの日!

きのこをたっぷり使った副菜や主菜、お酒にぴったりのツマミを毎週ご紹介していきます!

8月は”さっぱり&冷たい”きのこ料理を特集します!

今週は…
「冷やして食べる!豚ときのこのみぞれ煮」

こんがりとジューシーに焼いた豚バラ肉とうまみたっぷりのきのこを、さっぱりとみぞれ煮に。
よく冷やしていただく、夏にぴったりの1品です。

材料

2人分

  • 豚バラ肉
    150g
  • ぶなしめじ
    1パック
  • エリンギ
    2本
  • [A]大根おろし
    大さじ3
  • [A]めんつゆ(3倍濃縮)
    大さじ3
  • 青ねぎ(小口切り)
    適量

作り方

  • 1
    豚バラ肉は幅5cm位に切る。ぶなしめじは石づきを除き小房に分ける。エリンギは幅5㎜の縦長に切り、横半分に切る。
  • 2
    フライパンに豚バラ肉を入れこんがりするまで両面焼き、ぶなしめじ・エリンギを加えて焼く。
  • 3
    ペーパーで軽く油を除き、[A]を加えて混ぜる。
  • 4
    保存容器に入れ冷蔵庫で冷やし(30分~)、器に盛り付け青ねぎをのせる。

ポイント

・豚肉の代わりに鶏肉や鮭の切り身で作ってもOK♪
また、なすやピーマン、白ねぎなどの野菜を加えてボリュームUPするのもおすすめ!
・めんつゆの代わりに、ポン酢しょうゆでも美味しくできます。
・油を使わず、豚バラ肉の油で焼いていくのでヘルシー!
豚バラ肉の油をペーパーで除くことで調味料が絡みやすくなり、よりさっぱり仕上がります。
投稿日:2019年8月28日
吉永沙矢佳 Profile
料理家・フードコーディネーター/FoodRingメンバー
大学卒業後、大手旅行会社にて手配・企画・説明会などを行いながら年間約90日を海外勤務で飛び回る。世界の様々な本場料理を食しては自宅でオリジナルレシピとして再現。
現在レシピ開発、料理動画撮影、セミナー講師、メディア出演、執筆、スタイリングなど幅広く活動中。