「きのことみつ葉のさっぱり梅味噌和え」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「きのことみつ葉のさっぱり梅味噌和え」

電子レンジで作る火を使わない簡単副菜。「あともう1品」ほしい時に活躍します。

材料

作りやすい量人分

  • エリンギ
    1本
  • えのきたけ
    1/2パック
  • 鶏ささ身
    1本
  • みつ葉
    1袋
  • 大さじ1
  • [A]梅肉
    小さじ1
  • [A]味噌
    小さじ1/2
  • 白ごま
    適量

作り方

  • 1
    エリンギは食べやすい大きさに、手で割く。えのきたけは石づきを除き、小房に分け、長さを半分にする。耐熱容器にエリンギ・えのきたけを入れ、ふんわりラップをかけ、電子レンジ600w1分30秒加熱し、粗熱をとる。
  • 2
    別の耐熱容器に鶏ささ身を入れ、酒をふりかけ、①と同様に1分30秒、加熱する。粗熱が取れたら、細かく割いておく。鶏ささ身から出た出汁は置いておく(大さじ1程度)。
  • 3
    みつ葉は、根元を除き、4cmの長さに切り、電子レンジ600w30秒加熱し、粗熱をとる。
  • 4
    ボールに、②の出汁と[A]を混ぜ合わせ、エリンギ・えのきたけ・鶏ささ身・みつ葉を和える。白ごまをふり、器に盛る。

ポイント

・きのこは手で割くことで、味が染みやすくなります。
・よく冷ましてから保存容器にいれ、冷蔵庫で4日程度保存可能です。作りたても美味しいですが、次の日以降も味が染みて絶品常備菜となります。
・梅肉はチューブタイプを使っています。梅干しや、メーカーによって、甘さが足りない時は、少量のはちみつを加えてください。
・みつ葉以外にも、水菜やセリなど季節の青菜で作れます。
投稿日:2019年10月4日
小川 雅代 Profile
フードコーディネーター/FoodRingメンバー
美大卒業後、フードの道へ。
広告や雑誌、書籍など、フードスタイリストとして活躍。
「食べ物の色と形でデザインする」をモットーに、「魅せる」レシピ、色鮮やかなスタイリングを得意とする。