夏こそ!きのこがおすすめの理由とは?~夏のダメージから守る編

夏こそ!きのこがおすすめの理由とは?~夏のダメージから守る編

いよいよ暑さも厳しくなり、夏本番がやってきました!
スタミナ作りにお肉、暑気払いにビールと、食事やお酒が美味しくなる一方で、夏バテや食欲不振など暑さによるダメージが気になる季節でもありますね。

そんな夏の食生活にきのこをプラスしませんか?
きのこは、秋冬食材のイメージが強いですが、暑い夏を過ごす私たちの体に有効に働く栄養素が豊富に含まれているんです。今回は、夏こそ、きのこをたくさん食べたくなる理由をご紹介します。

■夏こそ、きのこ!の理由①「夏バテ予防、疲労回復に」
きのこには、摂取した糖質の代謝をサポートするビタミンB1が豊富。ビタミンB1が不足すると、糖質をエネルギーにうまく変換できす、疲労の原因に。特に夏場は麺類など炭水化物に偏った食事になりがちなので、ビタミンB1はしっかり摂りたい栄養素です。さらに、疲労回復や二日酔いにも効果がある成分「オルニチン」も多く含まれており、特にぶなしめじのオルニチンは、シジミの約5倍も含まれています。

■夏こそ、きのこ!の理由②「ダイエットの強い味方」
きのこは100gあたり約20kcalでとっても低カロリー。料理にプラスすれば、摂取エネルギーを増やさず、ボリュームアップできます。また、きのこ類に多く含まれる食物繊維の一種キノコキトサンには、「脂肪排出」「内臓脂肪分解」の効果あり。食物繊維の整腸作用で便秘解消も期待できます。さらに、体内の余分なナトリウムの排出を促すカリウムも豊富なので、むくみの解消効果も期待できます。

■夏こそ、きのこ!の理由③「体の中から美肌ケア」
夏は紫外線が気になる季節。きのこには、皮膚や髪の細胞を再生を助ける働きをもつビタミンB2がたっぷり含まれています。さらに豊富な食物繊維の働きで腸内環境が整えば、肌に有効な栄養がしっかり吸収されます。代謝も良くなり、体の隅々まで栄養が届けば肌も健康に。肌の組織を作るたんぱく質源も欠かさず補給し、体の中から夏の美肌ケアを!

いかがですか? 夏こそ、きのこを食生活にプラスして、元気に美味しく過ごしましょう!

きのこレシピ専門サイト「なかのきのこレシピ」
https://kinoko-recipe.com/

 

 

投稿日:2020年8月12日