スーパーフード「えのき氷」で第2波前に免疫力アップを

スーパーフード「えのき氷」で第2波前に免疫力アップを

いま、「免疫力アップ」食材として、きのこが注目されています。
さらにその健康効果を余すことなく体にとりこむことができるとして、数年前にメディアで話題になった「えのき氷」にも再び注目が集まっています。今回は、あらためて「えのき氷」が持つパワーをご紹介します。

●えのき氷とは
「えのき氷」は、糖尿病や高血圧の予防、血液サラサラなどの生活習慣病予防効果やダイエット効果が注目され、多くのメディアで紹介されてきた“スーパーフード”です。

そもそも、えのきたけには、整腸作用のある「食食物繊維」、とり過ぎると高血圧の原因になるナトリウムの排出を促す「カリウム」、糖質の代謝をサポートする「ビタミンB1」、肌の健康を守る「ビタミンB2」、免疫力を高めたり骨の形成に欠かせない「ビタミンD」が含まれています。

しかし、えのきたけは固い細胞壁に覆われているため、こうした有効成分をうまく吸収できないことが多いのです。
そこで、えのきたけをミキサーで粉砕し煮詰め、栄養成分を凝縮・冷凍し、えのきたけに含まれる有効成分を効率よく消化・吸収しやすい状態にしたものが「えのき氷」なのです。

●えのき氷の
免疫力アップ効果
「えのき氷」には、体内の腫瘍細胞やウィルス感染症細胞の増殖を抑える能力がある「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」の増加を促す効果があることがわかっています(東京農業大学 江口文陽教授とJA中野市との共同研究結果より)。つまり、【体の免疫機能を活性化させる】働きがあるのです。
また、「えのき氷」には、食物繊維が豊富に含まれており、整腸作用も期待できます。整腸作用で腸内環境が整い、さらに血液サラサラ効果で代謝が良くなると、体内の血流が改善し体温も上がり、免疫力が向上します。

●えのき氷の作り方
「えのき氷」は、えのきたけと水だけで作ることができます。炊飯器を使えば簡単に作れるので、ぜひ挑戦してみてください。氷なので多めに作って冷凍庫でストックしておけば、味噌汁やスープ、卵焼きなどに気軽に溶かし入れて使え、「えのき氷習慣」を実践できますよ。
作り方とえのき氷レシピはこちら↓
https://kinoko-recipe.com/featured/20200527

コロナ禍の不安はまだまだ続いていており、これからはコロナと共に生きる「新しい生活スタイル」が提唱されています。これからの食生活にも「プラスきのこ」で、体の免疫力を高めていきましょう!

投稿日:2020年6月3日